脱毛サロンに行ったあとに絶対にやってはいけないこと

脱毛サロンでは特殊な光をムダ毛の毛根に照射し、ダメージを与えることで、ムダ毛の発毛を抑制させていきます。その際は、肌にジェルを塗って、火傷をしないようにしながら慎重に脱毛していきますが、やはり強い光を照射するので、施術後には少なからず肌にはダメージが残ってしまいます。そのため、脱毛サロンに行った日はお風呂の湯船につかることはやめましょう。
身体を強くこすらず、簡単にシャワーを浴びる程度にしてください。


また、激しい運動も禁止です。
身体を動かすことにより、身体に熱がこもったり、血行がよくなると、脱毛した部分が赤くなったり、痛みやかゆみを感じる場合もあるからです。もし汗をかいてしまった場合はすぐにタオルでふき取り、肌への刺激を最小限に抑える工夫をしましょう。
それでは脱毛サロンに行ったあとはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。それはとにかく肌を保湿することです。

肌をクールダウンさせる意味もありますが、一番は保湿をすることで脱毛の効果を促進させることができるからです。
カサカサの肌では、なかなか毛が自然に抜けていかないのです。


基本的には一日2回、朝と夜にボディクリームなどの保湿効果のあるものを塗りこみます。


たまに化粧水などをつけている人もいますが、化粧水は肌に水分を補給する役割はありますが、その水分を肌に長時間キープする働きはもちません。
塗ったときは潤った感じがしても、少し時間が経つと蒸発してしまうので、必ず保湿効果のあるクリームをつけるようにしましょう。
特にシャワーを浴びた後などに塗るのが効果的です。